コース紹介

社会人専修コース(横浜ビジネススクール)は、社会人実務家(企業等での実務経験3年以上)を対象とした平日夜間と土曜日開講型のMBAコースです。働きながら、最短2年間で経営学修士(MBA)を取得することができます。

変動し続けるビジネス環境の下、現代の企業人には、経営に関する高度な専門知識を習得するとともに、専門知識を実際の戦略や業務課題に適用するために、これらの知識を有機的に結びつけて問題解決を図る統合的なマネジメント能力が求められています。

横浜ビジネススクールでは、専門知識の深化と統合を追求した実践的な経営学教育プログラムを展開しています。

社会人専修コースの特徴

演習テーマの設定

企業ニーズを踏まえた2種類の演習テーマが毎年度設定されます。入学するためには、そのどちらかの演習テーマを選択したうえで、入学試験を受験する仕組みとなっています。

→演習テーマ及び修了生の論題一覧はこちら

徹底した少人数による教育・研究

演習テーマ別に2つの演習クラスが開講されます。
各演習の入学定員は6名です。徹底した少人数教育の環境のもとで、教員やクラスメンバーとインタラクティブなコミュニケーションを図ることができます。

演習の重視

2年間を通じて演習テーマをじっくりと研究する場が、ワークショップ演習とプロジェクト演習です。1つの演習クラスにつき教員2名がタッグを組み、きめ細かく研究指導にあたります。

就学しやすい環境

平日は、横浜みなとみらいに立地する横浜ランドマークタワーのサテライト・キャンパスにて、18:50~21:00の時間帯に授業を行います。土曜日は、授業設備と経営資料が充実した常盤台キャンパスにて、授業と演習を行います。

 

ページの先頭へ