1. 経営学専攻トップ
  2. 専攻紹介
  3. 経営学専攻の概要

経営学専攻の概要

経営学専攻 博士課程前期(修士課程)

日本企業の東アジア・東南アジア依存が高まるグローバル新時代の到来により、異なる商習慣に適応できる人材や企業の国際競争力を高められる人材が求められています。本課程では、グローバル・レベルで通用する経営学とその関連領域に精通し、ビジネスシーンでの問題解決能力を有する、国際的に活躍できる実践的スペシャリストを養成します。

カリキュラムは、経営学、会計学、経営システム分野の各専門的知識が体系的かつ効果的に習得できるよう工夫されており、アジア地域等で国際展開する企業を対象とした国際経営特論、アジア諸国と日本の企業を比較する比較経営特論などを含むグローバル新時代を意識したものとなっています。研究テーマは、各専門分野のテーマのみならず、シミュレーションに基づく戦略論、金融派生商品会計、金融マーケティングなど融合的なものも選ぶことができます。

経営学専攻 博士課程後期(博士課程)

経営学専攻は、グローバル化した現代企業や、それを取り巻く環境等に関わる諸問題を、経営学および関連諸科学によって分析する能力を養う教育を実践します。経営学・会計学・経営システム各分野で学界への貢献が可能な人材を育成するとともに、応用研究を実務にフィードバックできる高度専門職業人の養成にも力を注ぎます。

カリキュラムは、博士課程前期との一貫教育により、効率的な研究の継続・発展へと導くよう設計されています。また、論文が優れた成果となるよう段階的に科目を配置するとともに、教員3名による充実した指導体制をとっています。意欲の高いMBAコース修了者には、創造的で実現性の高い企業戦略を指向する「グローバル・ビジネスドクターEP(Education Program)」や、研究の継続が可能な高度専門教育を提供しています。また、英語のみで学位を取得できる「英語EP(日本的経営)」を開設し、東アジア・東南アジアでの人材需要に応えます。

※グローバル・ビジネスドクターEPは、入学後に自由に選択できる教育プログラムであり、入学試験の時点で選べるものではありません。

ページの先頭へ