1. 経営学専攻トップ
  2. 専攻紹介
  3. 経営学専攻長からのメッセージ

経営学専攻長からのメッセージ

Toshio Hara

本経営学専攻は、昭和47年に設置された修士課程の大学院経営学研究科を基盤とし、その後、大学院博士課程である国際開発研究科、さらには修士課程と博士課程からなる国際社会科学研究科を経たように、常に社会のニーズに対応して発展・改組してきました。そして、平成25年度より、経営学教育のために、学部から大学院博士課程前期・後期まで一貫する形を実現することとなりました。ここで、その大学院部分となるのが国際社会科学府・経営学専攻ということになります。本専攻は、以下の特長があります。

  • 経営学専攻は博士課程前期、博士課程後期から組織構成されています。
  • 博士課程前期と後期の連携を重視して大学院を一貫する履修モデルを提供しています。
  • 国際公共政策プログラムや租税法・会計プログラムなど経済学、経営学、法学の専攻横断的なプログラムを提供しています。
  • 社会人学生のためのグローバルビジネスドクタープログラムを提供しています。
  • 英語による教育プログラムとして、日本的経営プログラム(Japanese Management Program)を提供しています。
  • 博士課程前期では、修了のための標準プログラムに加え、新たに博士論文研究基礎力審査コースを導入しています。

このような特色ある教育体制の整備が行われたのは、本学大学院は、以前より、基盤となる十分な研究能力を有する人材育成を行ってきたものの、近年、特に日本と東アジア・東南アジア諸国との関係強化が進行し、多種多様な商慣習に適応できる人材や、日本企業の国際競争力を高める人材が必要との認識によるものです。そこで、このような社会ニーズに応え、グローバル・スタンダードといえる水準の学術的基礎知識を有し、このような経営学の学術的成果に裏打ちされた問題解決能力を持つ人材育成を行うために、上記のような教育体制を実施することとなりました。これにより、幅広い専門知識を有するスペシャリスト育成を行うことができることとなりました。

現在、本学には様々な国からの学生が在籍し、研究を行っています。これからも、世界を舞台として活躍することを目指す多くの人材が、本経営学専攻に集結し、ここから羽ばたいていくことを願っています。

横浜国立大学 大学院国際社会科学府 経営学専攻長 原 俊雄


ページの先頭へ